「さば」でダイエット&血液サラサラ対策。簡単さば缶レシピも

2018年を象徴する食材のひとつが「さば」。青魚に多く含まれるDHAとEPAに血液中の中性脂肪を減らす働きがあると言われており、その栄養価にも注目が集まりました。さば水煮缶を使うと、より簡単に取り入れられるのもうれしい点ですね!

今回は「さば」の健康パワー、食べ方などをまとめました。年末年始にぜひ「さば」メニューにトライしてみてはいかがですか?

内臓脂肪は簡単におとせる! いますぐやるべき10のこと

『内臓脂肪を最速で落とす』(幻冬舎)の著者で内科医の奥田昌子先生に聞いた、内臓脂肪を減らすための10のアクションのひとつが、「魚を週4回食べる」でした。

青魚に多く含まれるDHAとEPAは中性脂肪を減らすことで内臓脂肪をつきにくくしてくれるといいます。とくにDHAとEPAが多いのが背中の青い魚がおすすめとのこと。昼食には「さば」定食を選んでみるのはどうでしょう?

内臓脂肪は簡単におとせる! いますぐやるべき10のこと

さば水煮缶で強い骨づくりをサポート、血……(中略)…… tml" target="_blank">忙しい日は「アボカド×さば缶」でヘルシーパスタ |モデルケリーの日常ごはん

記事の全文を見る⇒(MYLOHAS)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事