「まつげが短い」「少ない」悩みの原因になる、NG習慣3つ

長くてふさふさとしたまつげは憧れ。アイラッシュセラムをつけたり、気をつけたりしていても、まつげが短くて量も少ないなら、一度チェックしたほうが良い生活習慣があるという。(フロントロウ編集部)

 まつげは長くて量があると、それだけで目元や顔の印象が華やかに。汗をかくようなシーンで薄メイクであってもまつげがしっかりあることで美しく見えるなど、まつげの威力は絶大。まばらな短いまつげが悩みという人や、もっとまつげを増やして長くしたいと思っている人は要チェック! 海外のまつげのエキスパートが、普段の生活でやっているならすぐに見直すべき、まつげに悪い習慣を紹介。

まつげに悪い習慣1 つけまつげの取り方が激しい

 つけまつげは瞬時にまつげをふさふさにしてくれるけれど、まつげに負担がかかるので注意が必要だという。

 米カリフォルニア州ウェストハリウッドのサロンで活躍するまつげのエキスパートのアリソン・オコナーは、「つけまつげは、ほとんどの人が取るときにかなり荒っぽく引きはがしてしまう」と、落とすときに問題があると米メディアMAKEUPにコメント。接着剤が自分のま……(中略)…… もし、思わずやっていたことがあったなら習慣を見直してみては。気をつけることで、これまでよりもまつげが長く、フサフサになるかも。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事