「カラーヘア」でもビーチやプールの水が怖くなくなる!髪を守る裏技3つ

夏はビーチやプールが楽しい季節だけれど、カラーリングしているとプールの塩素や海水の塩分で髪はダメージを受けやすく、キレイに入れたカラーも落ちてしまいやすい。海外のプロが対策を紹介。(フロントロウ編集部)

 カラーリングした髪をビーチやプールの水から守る裏技3つを、セレブに人気のトップヘアアーティスト、マーク・アンソニーが開発したヘアケアブランドMARC ANTHONY TRUE PROFESSIONALのアーティスティックディレクターを務めるマリリサ・シアーズが紹介。

最初にシャワーを浴びて髪を濡らしておく

 乾いた髪に直接、海水や塩素を含んだビーチやプールの水がつくと、髪が吸収して傷みやすい。そのため、マリリサは、「(ビーチやプールの水に)入る前に、まず髪を濡らしておくと良い」と米メディアMakeupにアドバイス。

 最初に髪を濡らしておくことで、直接海水やプールの水をダイレクトに吸収することを防げるという。

 さらに、「可能であれば、髪に洗い流さないタイプのコンディショナーを少しつけておくと、髪のキューティクルが開いたときにも良……(中略)…… アトリートメントを持っていくのもオススメなのだそう。

 髪のカラーが抜けてボサボサにならないよう、参考にしてみて。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事