「フィットネス=ダイエット」は間違い。理想を目指すほど不健康に近づいている?

──ライフハッカー[日本版]より転載

アスリートとして減量を強要されたのはメアリー・ケインさんだけではないはずです。でも、彼女がナイキのランニングチームを辞めるまでのストーリーはあまりにも壮絶で、減量の危険性を如実に物語っています。

かつて「米国一速い少女」だったケインさんは、コーチが変わると同時に「やせろ」と言われ続けることになりました。その後パフォーマンスは低下し、プレッシャーに押されるように精神状態も悪化していってしまったのです。

「フィットネス=ダイエット」ではない

本来、減量とフィットネスは同義ではありません。でも、最近のフィットネスに関するメッセージでは両者が同じ意味で語られることが多く、特に女性に対するメッセージではその傾向が高まります。

この不愉快な二分法は、男性向けに『Bigger, Leaner, Stronger』という本を書いている著者が、女性向けには『T……(中略)…… ハッカー[日本版]]

image via Shutterstock

記事の全文を見る⇒(MYLOHAS)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事