「プロテイン」を飲んでも太らないってホント?

ダイエットによいと思われているプロテイン、実は摂りすぎると痩せないどころか太ってしまう!? 管理栄養士が教えるプロテインの「ホントのところ」をご紹介します。

プロテインはどれくらい摂るのが正解?

そもそも「プロテイン(protein)」とは、たんぱく質を指す言葉。ダイエット向けに販売されているプロテインの多くは、大豆や乳、鶏卵を原料とするたんぱく質を含んだ粉で、水や牛乳、豆乳に溶かして飲む人も多いのでは。これらは、いわゆる健康食品のひとつで、一般の食品よりも健康によいとされていますが、国が制度化している基準はなく、効果や機能の表示は認められてはいません。

では、1日あたりのたんぱく質の推奨量とはどれくらいなのでしょうか?

「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、たんぱく質の推定平均必要量は18歳以上男性で50g/日、18歳以上女性で40g/日と記されています。(「Diet Plus」より……(中略)…… t="_blank">Diet Plus]

image via shutterstock

記事の全文を見る⇒(MYLOHAS)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事