「レインボー、食べてる?」セレブご用達ドクターがオススメする美肌フードって?

一流セレブが頼りにしている大人気の皮膚科医ハロルド・ランサーが、美肌のために“レインボー”を食べるようオススメした。(フロントロウ編集部)

 ヴィクトリア・ベッカムら多くの人気セレブから厚い信頼を得ている、皮膚科の第一人者、ドクター・ランサー。美容界をリードする彼が、自身のインスタグラムで「レインボーを食べている?」と呼びかけた。

 レインボーは虹色の食べ物のことで、食習慣に虹色の食べ物をとり入れることで肌が輝き、精神的にも明るく、エネルギッシュになることができるという。

 日々、栄養やバランスなど難しいことを考えなくても、毎日の食事で“レインボーカラー”のものを食べたかどうか気をつけていればいいので、気楽にできそう。

 レインボーカラーであればどれでもいいけれども、ドクター・ランサーがとくにオススメする「赤」「オレンジ」「黄色」「緑」「青」「紫」の6つの色の食べ物と、その効果を紹介。

赤=トマト

 赤の食べ物としてオススメなのは、トマト。

「トマトには酸化防止効果に加えて、日焼けのダメージを防いでくれるリコ……(中略)…… 紹介する野菜、フルーツは色によって異なった効果が期待できるから、毎日 “レインボーカラー”の食べ物を摂るよう、意識してみては。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事