「漂白剤」の選び方と使用方法

【詳細】他の写真はこちら

今回は漂白剤の種類やおすすめの製品、その使用方法をまとめました。

■漂白剤の種類は何がある?選び方の基準は?

漂白剤には塩素系漂白剤と酸素系漂白剤の2種類があります。まずはそれぞれどのような場面で活躍するのかを解説します!

出典:@ ____fizz.03さん 

・塩素系漂白剤

塩素系漂白剤は作用が強力で黒カビなどの頑固な汚れに強いのが特徴です。塩素系漂白剤は強いアルカリ性で、タンパク質を溶かします。染料も脱色してしまうので色柄物の洗濯物には使用できません。主にお風呂場やキッチンなどのカビ取りで活躍します。酸性の洗剤と混ざると有毒なガスが発生するので他のものと混ぜて使用することは厳禁です。また使用する際はゴム手袋などで肌をガードしましょう。

・酸素系漂白剤(液体)

液体の酸素系漂白剤は弱酸性で、消毒液にも使用される過酸化水素からできています。色柄物の漂白にも使用できるのが特徴です。

・酸素系漂白剤(粉末)

粉末の酸素系漂白剤は弱アルカリ性で、過炭酸ナトリウムというものが主成分です。水に溶かす……(中略)…… 終わらせましょう!最後に、漂白剤を扱う際はゴム手袋などで肌に直接成分がふれないよう気をつけて使用してくださいね♡

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事