「目のクマ」がない人になりたい!原因と対策をプロが紹介

目の下にできるクマは、疲れて見えるうえ老けて見えるし良いことナシ。目立ってしまう原因や、そもそもできにくくするための方法をプロがアドバイス。(フロントロウ編集部)

そもそもなぜクマができるの?

 目の下のクマは睡眠不足や疲労、体調不良のときにできやすいけれど、ほぼ毎日クマができてしまう人も。

 ボストンを拠点とする皮膚科医のラネラ・ハーシュ博士は、クマができてしまう人、できやすい人について、「遺伝的なものも原因になり、肌の色合いもクマが目立つことに関係している」と米メディアinstyleにコメント。

 目の周辺の皮膚は薄いので、「肌の色が明るい人は皮膚の下の血管が見えやすく、青や紫がかったように見えやすい」のだという。

 しっかり寝ているし元気なのに、なぜかクマができてしまうと疑問に思うこともあったなら、じつは原因は肌質だったのかも。

オススメの対策

 目のクマはコンシーラーなどでカバーすることはできるけれど、皮膚が薄い部分なので厚塗りはできるだけ避けたいし、まずはクマができないようにしたいところ。

 ラネラは……(中略)…… たしかに目元がスッキリする感覚が。試してみる価値はありそう。

 目のクマが少しでもなくなるよう、ヒントにしてみて。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事