「花粉の少ない森づくり」をサポート!d プログラムが「ツイートで花粉対策プロジェクト」を開始

敏感肌研究に40年の歴史をもつ「d プログラム」は、働く女性の44%が花粉の時期(1月~5月)に花粉に悩んでいる、という問題に着目し、「ツイートで花粉対策プロジェクト」を開始。
本プロジェクトはTwitter上で対象ツイートが150リツイートされるごとに、花粉を多く飛散させるスギ・ヒノキを花粉の少ない品種に植え替えることで、アレルゲンである花粉を削減するだけでなく、森の新陳代謝を促進し、自然環境を保全するものだ。

今年の花粉もなかなか強敵!

日本気象協会「2019年 春の花粉飛散予測 第3回」によると、2019年春の花粉飛散量は例年比でみると、東北から近畿でやや多い地方が多く、中国地方では多い。四国は例年並みで、九州は例年並みか多めと、花粉症の人にとっては今年もなかなか厳しいシーズンとなりそうだ。
東京都では総合的な花粉症対策を進めており、その一環として、多摩地域の花粉を多く飛散するスギ・ヒノキ林を伐採し、花粉の少ない品種のスギ(※今までのスギと比べて花粉の数が約1/100)などに植え替える「花粉の少ない森づくり」を進めている。

d プログラム「ツイ……(中略)…… o/" target=""_blank"">https://moridukuri.tokyo/

記事の全文を見る⇒(美容最新ニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事