「食べたものを書くだけダイエット」 って本当にやせるの?

今年こそ夏前にすっきりとボディを整えたい! 本連載では、1万人の悩みを解決した管理栄養士、菊池真由子さんのメソッド「食べても食べても太らない法」を、毎日ひとつずつご紹介します。

多くの人は、自分が食べたと記憶している量より、実際は「はるかに多くの量」を食べています。

たとえばご飯を半分に減らしたとします。ところがおかずをたくさん食べれば差し引きゼロ。総カロリーは変わらないということに。

朝食、7:20
トースト(バター付き、1枚)、牛乳(コップ1杯)、無糖ヨーグルト(200g)、ミニトマト4個、ゆで卵1個(塩)

『図解 食べても食べても太らない法』(三笠書房刊)

管理栄養士だから言える「食べて、飲んで、やせる」法。タイトルに込められたメッセージこそ、ダイエットの成功の秘訣。つまり、食事の「量」ではなく「質」を見直すだけなのです。「肉の上手な食べ方」「食べても太らないおつまみ」など、読んでいくうちに「ムダな食欲」が消える、目からウロコの……(中略)…… 食べても太らないおつまみ」など、読んでいくうちに「ムダな食欲」が消える、目からウロコのメソッドが満載の一冊。

記事の全文を見る⇒(MYLOHAS)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事