【問題】「地中海ダイエット」は総死亡率が低くなる?|健康のウソ・ホント19

ハーバードメディカルスクールのサンジブ・チョプラ教授による『ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)から毎日ひとつずつ、健康の素朴な疑問をご紹介します。

image via Shutterstock

A.ホント。

2010年に『アメリカン・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリション』に掲載された結果によれば、地中海式ダイエットをしている人たちは総死亡率が低く、心臓疾患や脳卒中、がん、アルツハイマー病などの重篤な疾患と診断される確率も低かった。

『ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)より

地中海式ダイエットは、果物や野菜、穀類、ナッツなどの植物性の食事を中心とし、バターと塩の代わりにオリーブオイル、ハーブ、スパイスで味つけをするというもの。上記の研究に加え、地中海式ダイエットを忠実に実行した人ほど、細胞の寿命を示すテロメアが長かったという報告……(中略)…… ーにて、本当に正しい健康の知識について触れています。膨大なデータベースを元に導き出したからこそ信頼できるトピックが満載です。

記事の全文を見る⇒(MYLOHAS)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事