お尻にできる恥ずかしい「ニキビ」や「ブツブツ」、原因が目からウロコ!

春夏は薄着になり、水着になる機会も増えてくるけれど、そうするとなぜか目立ってくるように感じるお尻の「ニキビ」や「ブツブツ」。海外の専門家が原因と対策を紹介!(フロントロウ編集部)

 水着を着る機会や、露出したいときになると気になる、お尻のブツブツとした赤みやニキビ。秋や冬の間は気にならないのに、夏が近づくとトラブルが起きやすいと感じる人は、原因が意外なところにあるかもしれないから要チェック!

素肌で、どこに座っている?

 暖かくなると汗をかきやすくなり、汗が肌と服の間で蒸れやすい。米ニューヨークの皮膚科医レイチェル・ナザリアンは、お尻のブツブツやニキビについて、「過度な汗と摩擦が原因でなる可能性がある」と米メディアPopsugarにコメント。

 また、ダニがいるビーチで寝そべったり、露出した肌で電車の椅子に座るなどすることも、素肌に直接菌がつきやすくなるため、肌が荒れたりニキビのような炎症を起こす原因になってしまうのだそう。

 そのほか、レイチェルは「窮屈な下着や、シャワーをしないなど衛生的ではない習慣も原因になる可能性がある」と話……(中略)…… 、ゆったりとした服を選ぶようアドバイスした。

 普段の習慣やちょっとしたケアで対策できそうだから、参考にしてみて。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事