お弁当向け飽きない卵焼きレシピ

毎日のお弁当に欠かせない卵焼き。プレーンなものもおいしいですが、加える具材をアレンジするとパッと目を引く仕上がりに。覚えておけばお弁当もマンネリ知らずです。

人気料理インスタグラマーの卵焼きレシピ3つを、ESSEonlineライターが実際につくって試してみました。


お弁当にぴったり!飽きない卵焼きアレンジ

お弁当に欠かせない!普段のおかずにもなる卵焼きをつくってみた

●枝豆コーン(レシピ:tamiさん)

【材料とつくり方】
溶きほぐした卵2個に、解凍した枝豆(冷凍)、コーン缶(ホール状)各大さじ1、マヨネーズ大さじ1/2、塩少しを加えて混ぜ、サラダ油で卵焼きを焼く。好みで顆粒洋風だし少しを入れても。
[全量227kcal]

【感想】
1歳5か月になる子どもに食べさせたところ、かなり気に入ったようで途中から手づかみでむしゃむしゃと食べ始めました。彩りがいいのでお弁当にいれても華やかになると思います。ニンジンやコマツナなど、ほかの野菜もいろいろ入れて楽しめそうです。

●ツナとミョウガ(……(中略)…… ラさんでも続くお弁当のコツをたっぷり52ページ掲載。こちらもぜひチェックを!

<撮影・文/ひんやり>

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事