きゅうりダイエットを分析!食前に食べて脂肪分解?

定番の「きゅうりダイエット」が話題になった理由は? 「世界一栄養のない野菜」としてギネスにも認定されているきゅうりですが、昔から定番のダイエット食材として親しまれてきました。最近では、きゅうりに含まれていて、脂肪分解に関わるホスホリパーゼという酵素が、テレビで取り上げられて話題になっています。

より「きゅうり熱」が高まりそうなこの夏、改めてきゅうりのダイエット効果を分析します。

きゅうりに含まれる成分と働き

きゅうりの栄養


■たっぷりの「水分」に注目!
きゅうり1本(100g)あたりに含まれる水分は95.4gとなっており、ほとんどが水分であることがわかります。「水ばかりなのに食べる意味はあるの?」と思ってしまいそうですが、これは決して悪いことではありません。特に夏場はこまめな水分補給が大切で、飲みものだけでは体の中の水分が不足しがちになります。暑い気温の中で味噌汁やお吸い物などの汁物を飲むというのもなかなか難しいので、夏場は固形の食事からもしっかりと水分を摂ってあげることが理想的です。

■ビ……(中略)…… はバランスの良い食事を意識しつつ、いろいろな食品から幅広く栄養素を摂ることが大切です。

記事の全文を見る⇒(All About)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事