じつは知らずにしている!気づかない「ヤケ食い」を防ぐ方法

年末年始はいつも以上に飲食の機会が多く、つい食べ過ぎる時期。そんな時、気をつけたいのが「ヤケ食い」。ダイエットと健康のエキスパートが「ヤケ食い」のメカニズムと、その防止対策を伝授した。(フロントロウ編集部)

 「ヤケ食い」と聞くと、気分がむしゃくしゃして「もう食べてやる!」と食べ物で発散しているイメージが強いけれど、実際にはヤケ食いはそんな簡単な話ではないよう。

 アメリカでウェルネスのコーチを務めるページ・オマハニー医師はヤケ食いについて、「多くの人は自分がヤケ食いをしていることさえ気がついていない」と驚きの実態を米メディアStyleCasterに証言。

 そしてページ医師いわく、危険なタイミングは週末やオフの日。「ヤケ食いは、週末や休暇の間に起こりやすいもの。プレッシャーを感じている時に美味しいものに囲まれた時なんかはとくにね」とコメント。

 ヤケ食いは、意識的に食べることよりも、知らず知らず食べていることの方がよっぽど多いという。そして、飲食の機会が増える年末年始などの忘年会やパーティシーズンは、そのリスクも高まると語った。……(中略)…… きる「ヤケ食い」。心も体もヘルシーになるこの方法なら、ヤケ食い防止だけでなく、よりハッピーなライフスタイルに近づけてくれそう。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事