じつは見落としがちな、若々しい美肌をキープするコツ

美肌作りのために、様々な努力をしているという人は多いけれど、じつは意外な落とし穴に気がついていないという人も少なくないという。マドンナの専属皮膚科医を務める、米国の美容皮膚科サロンPFRANKMD & Skin Salonの創設者ポール・ジャロッド・フランクが、見落としがちな美肌作りの秘策を米メディアByrdieで紹介。(フロントロウ編集部)

1:食生活が美肌を作る

 ポールが美肌の「1番の大敵」としてあげるのは、砂糖やアルコール、乳製品や加工食品の取りすぎ。とくに、加工食品に含まれる砂糖などは、肌荒れやニキビ、疲れ顔などの原因になると警告。

 ポールは、「オメガが豊富に含まれた魚やチアシードをはじめ、新鮮な食べ物を食べることでツヤとハリのある美肌が作れるようになるんだ」と、食べものが肌に大きな影響を与えると念を押している。これからは、食べ物を選ぶとき肌のことも思い浮かべるといいかも。

2:スキンケアはシンプルがベスト

 肌に物足りなさを感じると、あれもこれもとスキンケアが増えていき、気が付いたらスキンケアタイムは大忙し、なんていう人もい……(中略)…… は意外に身近なところに美肌のコツが眠っているよう。日頃からスキンケアを心がけているという人も、もう一度見直してみるといいかも。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事