それ、違うかも?保湿クリームにまつわる3つの勘違い

毎日なんとなく使っている保湿クリームだけれど、実は使い方を間違えているかも。海外の皮膚科医が正しい保湿クリームの選び方と使い方を紹介。(フロントロウ編集部)保湿クリーム

意外と知らない人が多い「保湿剤」の使い方

 肌にたっぷりと水分を与えると同時に、化粧水や美容液の栄養分を逃がさないように蓋をする役割をもつ保湿クリーム。普段のスキンケアに取り入れているという人が多い一方で、イマイチ効果が実感できていない人も多いのでは?

 スキンケアの専門家によると、実は保湿クリームを正しく使えていない人が意外と多いという。そこで今回は、保湿クリームの効果を最大限に引き出す正しい使い方と選び方を紹介。自分に当てはまるものがあるかチェックしてみて。

1.配合成分が少ないほうが肌に良い

 スキンケア製品は、なんとなく配合成分が少ないほうが肌への負担が少ないほうに思えるけれど、美容医師のサラ・トンクス医師によると、必ずしも正しいとは限らないという。

 トンクス医師は「配合成分が少ないほうが魅力的に聞こえるかもしれないけれど、実際には、製品自体の効果を最大限に……(中略)……  正しく使えてない人が意外と多い保湿クリーム。この機会に正しいお手入れ方法をマスターして、常にうるおった美肌をキープしてみて。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事