ちゃんと良い睡眠をとれている?改善のためのアイデア3つ

暑さで寝つきが悪くなっているという人も、しっかり眠れているか自信がないという人も、今までより良い睡眠がとれるようアイデアを紹介。(フロントロウ編集部)

 睡眠は、セレブの間では「ビューティスリープ」と呼ばれているほど、美容の面からもとても重視されているもの。美容の面だけではなく、熟睡できた日の朝と、寝つきの悪かった日の朝では、気分や体調も大きく異なってその日1日のパフォーマンスを左右するから、睡眠の質にはこだわりたい。

 枕や寝具を買い替えるといった方法以外に、お金はかけず、これまでよりも良い睡眠をとるためのアイデアを紹介。

1 寝る位置を変える

 寝つきにくさや、寝起きに熟睡できたと感じられないときは、思い切って普段の寝る時の位置をチェンジ。

 枕と足元の位置を逆にしてみたり、ベッドの中央で寝ているという人は端のほうで寝てみたり、またはベッドごと動かしてみたり。位置によって眠りにくい場所や、眠りやすい場所があるはず。これまでの位置にこだわらず、一番熟睡できる位置はどこなのか探してみては。

2 寝室のドアを開ける、もしくは閉め……(中略)…… 。寝る直前まで見てしまう習慣があるならば、思いきって、寝る1時間前にはシャットダウンするなどルールを決めてみて。

(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事