とんかつ店 究極海老フライ紹介

とんかつ店には、もうひとつのご馳走として“海老フライ”がある。

?揚げ〞を追求するとんかつ店だからこそ、使う海老のサイズから衣、油の温度まで海老フライへのこだわりも満載。

今回は人気とんかつ店の二軒による、究極の海老フライを紹介する。


ジューシーな特大車海老は贅沢感しかない
『大五』の「特大海老フライ」

実直な人柄の店主、田中五郎さんは何事にも手を抜かない主義で、海老フライも例外ではない。

仲卸から直接仕入れる特大の車海老は丁寧な仕事を施し、繊細な旨みを花開かせる。1本から頼めるので、とんかつ定食にトッピングしても、贅沢なビールのお供にも良し。

とんかつ以外のメニューも豊富かつ絶品だと評判。大ぶりの海老2本で¥2,700。


【素材】濃厚な甘みがほとばしる、特大サイズの車海老

長さ15センチ以上はある特大の車海老は注文を受けてから下処理をする。頭は落として内臓を取り除き、丁寧に筋を切ってから全体をしっかり押し伸ばす。

もちろん、テーブル席もあり。

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事