どこからが不倫? 法律上の線引き

 SNSでの誹謗中傷、デートDV、各種ハラスメント、etc。これらに泣き寝入りしてしまうのは、私が悪いの?とつい思ってしまうからではないでしょうか。

『おとめ六法』は、そんな女性の味方になる法律本。恋愛、仕事、暮らし等々、日々経験する些細なトラブルから、誰にも言えないような深刻な問題まで、女性の立場になって解決しています。

 でも法律って難しそう。そもそも法律って何? 本書によると、「法律とは、国が時に“国家権力”を用いて国民に守らせる“決まり”や“ルール”である」と解説。さらに法律には大まかに言って、「(2)国民一人ひとりの『権利・義務』。(2)『権利・義務』が実現されるための『手続き』」が決められています。

 法律が私達にとって大切なのはわかります。しかし、身近でないことも確か。本書には、女性が遭遇しそうなトラブルや問題、悩みに関してケーススタディにわかれています。困った時にどう対処すればいいのか、辞書のような使い方ができるのが魅力。あなたや友人知人が巻き込まれるかもしれないいざこざ、未然に防げるかもしれませんよ。

◆もし婚約後に彼の浮気が……(中略)…… 2回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)を上梓。Twitter:@morimikixxx

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事