どの色のリップを選んでる?無意識にリップの色が周りに与えている印象とは

口紅はカラーが豊富で、毎シーズントレンドにあわせて選ぶのも楽しい。けれど、ただ美しく見せてオシャレなだけではなく、口紅の色には無意識に周りの人の心理に訴える、ある傾向があるという。(フロントロウ編集部)

 ヌードカラー、ピンク、レッドなど、口紅はカラーが豊富。自分に似合うカラーを前提に、自分にとっての定番カラーやここぞというときの勝負リップなど、数本持っている人も少なくないのでは? でも、実は“口紅の色”はつける人の思いとは別に、見る人の深層心理に訴えているものがあるのだとか。

 化粧品メーカーのCOVERGIRLがハーバードの心理学者と協力して、口紅の色がどのように、つける人の印象に影響を与えているかを調査。

レッド・リップ

 レッド・リップをつけている女性は、ほかの人たちよりも大胆で、クリエイティブな人だという印象を与えるという。

 休日も家でゆっくりすることはなく、土曜の夜にはバーにいたり、週に5回はエクササイズするようなアクティブな人に見えがちなのだとか。

ピンク・リップ

 永遠の定番、ピンク色のリップをつけている……(中略)…… なども見た目の印象に影響するため、ひとくちに断言できないけれど、今日はどの口紅を使うか迷ったときは参考にしてみると楽しいかも。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事