もっと魅力的な「唇」をつくるカギ!リップライナーのコツ3つ

リップ・メイクを極めるには、「リップライナー」を使いこなすことがポイント。海外のメイクアップ・アーティストがリップライナーの効果を最大限に発揮するためのテクを紹介。リップライナーは普段使わないという人も、使っているけれど古い顔になってしまうという人も要チェック。(フロントロウ編集部)

 スティックタイプの口紅からバームタイプのリップ、クレヨンリップなどいろんなリップがあって、どれもそれひとつでリップ・メイクは完成する。

 けれど、リップライナーを使うと唇をよりふっくらさせたり、口角が上がっているようにメイクで見せたり、リップを落ちにくくしたりと、さりげなく、よりこだわったリップ・メイクができるから、魅力的なリップをつくるためにリップライナーも使いこなしたいもの。

 そこで、海外のメイクのプロがシェアした、「リップライナーを使いこなすコツ」を紹介!

コツ1 リップクリームを塗ってから使う

 リップライナーは、リップペンシルなど芯が固めで、描くとしっかりと唇に密着するものが多い。そのため、乾燥した唇にリップライナーで描こうとしても線がガ……(中略)…… はひと息に描かず、細かいストロークで丁寧に描くようアドバイス。

 リップ・メイク好きは、試してみる価値がありそう。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事