アリアナ・グランデのアルバム『スウィートナー』全15曲を解説【裏話つき】

アリアナ・グランデが2年ぶり・4枚目のアルバム『スウィートナー』で、世界97ヵ国のiTunesで1位を獲得。2017年の英テロ事件後初のアルバムとなる『スウィートナー』でアリアナが伝えてたいこととは?全15曲をフロントロウの大柳編集長がたっぷりと解説します。

『スウィートナー』完成までの道のり

 「新しいことがしたい」。

 2016年にスタジオ入りした時、こう思い描いていたアリアナ・グランデ。そしてファレル・ウィリアムスやマックス・マーティンという名プロデューサーと大量の曲を作るうちに、ひとつのタイトルが浮かび上がった。

 『スウィートナー』。甘味料(スウィートナー)のように物事に甘さを足してくれる楽曲や、そういった人について歌った曲。これが、歌姫アリアナの4thアルバムのテーマとなった。

2016年11月のインスタグラムの投稿。この時にタイトルをこっそり公開していた。©Ariana Grande/Instagram

 しかしアリアナがアルバムの完成をツイッターで報告した約5ヵ月後、事件が起きた。2017年5月、デンジャ……(中略)…… p.universal-music.co.jp/ariana-grande/sweetener/">アルバム『スウィートナー』日本特設サイト

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事