ウィングからダブル使いまで、トレンドのアイラインはどう取り入れる?

“V”の形をした小さい翼のような「ウィング・アイライン」や、アイラインのダブル使いなど、自由に描かれた大胆なアイラインが注目の的。セレブが取り入れている最新のアイラインや、メイクアップ・アーティストによるアドバイスも紹介。(フロントロウ編集部)

カラーアイライナーを使った「ダブル・アイライン」

 発色の良いカラーアイライナーを黒のアイライナーと重ねて使う「ダブル・アイライン」の方法は、カラーアイライナーを取り入れやすくなるので人気。

 女優のソフィー・ターナーは、黒のアイナイナーに白のアイライナーを重ね、コントラストを効かせながらも目元がくっきりと際立つアイメイク。

 それ1本では取り入れるのが難しい明るいカラーを、黒のアイライナーと重ねることで使いこなしている。

空白を活かした「ウィング・アイライン」

 女優のルーシー・ボイントンはいつもフレッシュなルックを披露しているけれど、目尻に「V」のような形の小さい翼を描いた「ウィング・アイライン」が印象的。

 担当メイクアップ・アーティストのジョー・ベイカーは、このメイクのよう……(中略)…… に入れている。

 まずは、小さな「ウィング・ライン」や「ダブル・ライン」などから、自分らしく自由に表現してみては。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事