ウォーキングは食事前と食事後の10分間がダイエットに効果的

<!----> 食前と食後の10分ウォーキングで太りにくくなる理由

わざわざ長時間を確保しなくても、1日のなかで上手に運動を取り入れる方法があります。


食前の空腹状態の時の運動は「今カラダについている脂肪を燃焼する」効果があり、反対に食後のお腹いっぱいの状態の時の運動は「今食べたものを脂肪に変えない」効果があります。つまり言い換えると、食前の運動は減量に直結し、食後の運動は体重を維持できる、と言い換えることができます。
  <目次>   食前は減量に直結、食後は体重維持。太りにくくなる2つの役割 「太るかも……」と罪悪感を感じることなく食事を楽しめる簡単な方法が、食前の10分ウォークと食後の10分ウォークです。同じウォーキングでも、実はその効果がちょっと異なります。それぞれの特徴を理解して、ぜひ日常に取り入れてみてください。
  食前または食後10分歩きの日常への取り入れ方

たったの10分のウォーキングの習慣でカラダが変わる!


やり方は至ってシンプル……(中略)…… れるものが多いのでオススメです。

【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事