カギは最初の3日間!日焼けの正しいケア法、知ってますか?

ビーチやプール、キャンプなど夏ならではのアクティヴィティも本番! そんなバケーションでつきものが「日焼け」。思いがけず焼けてしまったということも。でも焼けすぎても、そこからが勝負。正しいケア法を専門家が伝授します!

 日焼けは「夏の思い出」でもあるとはいえ、皮膚の状態としては軽い「やけど」の状態。ニューヨークの皮膚専門医デボラ・ワッテンバーグは、「剥けかけた皮膚の皮を無理やり剥いてしまうと、肌に傷が残ってしまう恐れがあるわ」と米メディアHealthlineにコメント。一度死んでしまった角質は自然に剥離するのを待つしかないという。

 そんな肌ダメージを防ぐためには、日焼けをしてしまってから最初の3日間で正しくケアすることが大切だという。正しく応急措置をすることで、皮膚の皮剥けなどの炎症の悪化を防ぐことができるそう。その方法を専門家が紹介!

冷たいシャワーで熱を冷ます

 女優のエマ・ワトソンも御用達のオーガニックコスメ・ブランド「オディリーク」の創設者マーガレット・ウィーズは、日焼けをしてしまったらすぐに冷たいシャワーを浴びて、肌の熱を冷ます必要が……(中略)…… ど、炎症のピークは強い日差しに当たってから48時間後だとも言われている。夏の日差しを思う存分楽しんだら、正しいケアを忘れずに。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事