セルフカラーで失敗?「髪の赤みを抑える」2つの対処法

自宅でセルフカラーをしてみたら、赤みの強い髪色になってしまった! そんなよくあるセルフカラーの失敗をプロが解決。赤みを抑えて透明感のある髪色に修正する方法を紹介した。(フロントロウ編集部)

なぜ、赤みが出るの?

 セレブ御用達のカラーリストのジョージ・パパニコラスによると、セルフカラーで髪色に赤みやオレンジみが出てしまう原因は主に2つあるそうで、「ほとんどの場合が、ヘアカラーの色が明るすぎるか、暖かみのある色調の色を選んでいるかのどちらか」と米メディアMakeup.comでコメント。

 とくに日本人の髪は赤みが強いことが多く、地毛よりも明るいヘアカラー剤を使ってしまうと、「元々持っている(赤みのある)色素が浮かび上がってきて、髪色が赤く見える」と説明している。

髪の赤みを抑える方法

 では、セルフカラーをしてみて、髪に赤みが出てしまったらどうすべきか。ジョージいわく、ある程度ならヘアサロンに頼らず、自宅でも修正することは可能だという。

テク1.髪色のトーンを下げる

 最も簡単な方法が、髪色のトーンを暗くするというもの。ジョージは「これは……(中略)…… ったことにしてくれるプロのテクニック。忙しくてヘアサロンに行く時間がない人や、なるべくコストを抑えたい人はぜひ参考にしてみて。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事