セルフネイルの悩み「爪の黄ばみ」の原因と元に戻す方法

あるときふと、自爪が黄ばんでいてびっくりしたという経験がある人も少なくないのでは。セルフネイルでのトラブルのひとつ、「爪の黄ばみ」が起こる原因と、元の爪の色に戻せるようケアする方法を紹介。(フロントロウ編集部)

「爪が黄ばむ」おもな原因

 爪が黄ばむ原因は、おもに「ベースコート」をしないことで起こるそう。ベースコートをしていないため、マニキュアの色素が自爪に沈着しやすくなり、ときには料理で使う香辛料が色素沈着してしまうことも起こるという。

 また、ベースコートを使っていても、品質が悪いものや古いものだと爪に悪影響を起こすこともあるので注意が必要。

 さらに、ベースコートに気をつけていても黄ばむとしたら、頻繁にネイルを塗り直していることも原因として考えられるという。リムーバーによって爪が乾燥して黄ばむ原因になるそう。

黄ばんでしまった爪のケア

 爪が黄ばんでしまったときに、爪の表面を削ったりせずにかんたんに元の色に戻せるようケアする方法があるという。

 その方法は、なんと「レモン」の酸を利用するというもの。

 ネ……(中略)…… の色は黄ばみに影響されない濃い色を選ぶ必要が出てくるし、気分も下がる。まずは黄ばみを作らないようにすることから参考にしてみて。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事