タバタ式トレーニングの4分エクササイズで体脂肪撃退!

<!----> <目次> タバタ式トレーニングの「タバタプロトコル」とは?

タバタ式トレーニングならたったの4分で1時間の運動効果が!


今や海外で大ブームとなっているタバタプロトコル、実は立命館大学スポーツ健康科学部、学部長の田畑泉教授が発案した日本生まれのトレーニングです。このトレーニングは強度の高い運動と休憩を繰り返し行う、HIIT(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)という、インターバルトレーニング法の一種なのですが、アスリートだけでなくダイエットや健康目的の一般の方まで、幅広く多くの方に実践されています。

インターバル法についてはコチラを参照>>>

このタバタプロトコルは、「ややきついと感じるくらいの高強度の運動を20秒間行い、その後10秒間休む」これを8回繰り返す(30秒×8=4分)という、方法はいたって単純なもの。

ややきついと感じる運動なら、ジャンプや腿上げ、腕立てや腹筋などなんでもよいのですが、その20秒間は全力で行います。そしてその後の10秒で息を整え、次のセッ……(中略)…… 編にチャレンジしてみて下さいね!

【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事