ダイエットのコンビニ食活用術

そもそも”糖質”ってなに?

糖質や糖類、炭水化物って、日頃何気なく使われている言葉ですよね。でも意味や違いについて、正しく知っていますか?糖質制限ダイエットの知識習得に欠かせない基本用語なので、最初に説明しておきましょう。

まず、糖質・糖類・炭水化物の関係性から。「炭水化物」は消化・吸収されにくい「食物繊維」と、消化・吸収されやすい「糖質」から成り立っています。その「糖質」のグループに、でんぷん、アルコール、そして砂糖や果糖などの「糖類」が含まれます。つまり「糖類」は「糖質」に属し、「糖質」は「炭水化物」に属するという構図になります。

昨今、なぜ糖質が悪者扱いされ、糖質制限ダイエットが注目されているのでしょうか?そもそも糖質は、タンパク質・糖質と並び、私たちの体に必要なエネルギー源のひとつです。でも糖質を必要量以上に摂取すると、脂肪が蓄積しやすくなる、つまり太りやすくなると言われています。

糖質は体内に入った後、「ブドウ糖」に形を変え、小腸で吸収されて血液中に溶け込むそうです。エネルギー源となり、血管を巡って全身に届けられると言われてます。エネル……(中略)…… いとの声も。コンビニの低糖質商品を活用しつつ、適度な運動を組み合わせて、糖質制限ダイエットを成功させてくださいね!

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事