ダイエットは生理直後の1週間

女性ホルモンのリズムに注目

毎月、生理が近づくとむくみやすくなったり、イライラしたり、無性に甘いものを食べたくなったり…。心も体も不安定になりがちです。こうした心身の変化には、ホルモンがかかわっています。特に女性ホルモンの影響は多大。生理の周期をつかさどり、女性らしいカラダを作り、生殖機能を維持するために欠かせないホルモンです。

でも、女性ホルモンの働きはそれだけではありません。女性同士の会話で、「生理前になると体重や体脂肪が増える…」と、聞いたことがありませんか?女性ホルモンには、「エストロゲン」(卵胞ホルモン)と「プロゲステロン」(黄体ホルモン)の2種類があり、生理のサイクルに合わせて増減しています。この二つの女性ホルモンは、それぞれ異なる働きがあり、それによって太りやすくなったり、痩せやすくなったりしているのです。

生理の周期に当てはめてみると…

?生理前(生理開始約2週間前〜生理開始まで)

「プロゲステロン」の分泌が増える

血行不良、むくみ、疲労、食欲増進、便秘、イライラ……(中略)…… 、書籍、広告で、ダイエット、健康関係の企画、レシピ開発をするの他、暮らしにまつわる企画を担当。さいたま市浦和在住。

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事