ダイエットを成功させる食事!ラーメンにチャーシュー、パスタにはたっぷり粉チーズ

ダイエットの仕方間違っていませんか?

 ダイエットしたい、健康のために痩せたい――、肌を露出する機会も増えるシーズンを迎え、ダイエット実現への思いも高まる時期だ。近年、そんな人たちに定着しきたのが「糖質制限」だ。「肥満の原因はカロリーよりも糖質」であることは、広く認知されてきた。厳しい制限ではなくても、「1日3食のうち1~2食はご飯を抜きにする」といった人も多い。

 ただ、長年染みついた「カロリー制限信仰」は、なかなか頭から拭い去れないもの。肉や脂質に対しても相変わらず「カロリーが高くて太りそう」「健康に良くなさそう」というイメージがついて回り、ついつい敬遠しがちになってはいないだろうか。

 しかし、実はこれ、間違いだらけの食べ方なのだ。カロリーを気にして「タンパク質」や「脂質」も控えると、私たちの体はエネルギー不足になる。そればかりか、同じ量を食べても、より太りやすいという二重苦に陥る……。

肉・魚の脂質が血糖値スパイクを防止

 「太りにくい食事」は、食後血糖値のコントロールが重要なカギを握る。三……(中略)…… るため、その後に食べるご飯やパンの糖質の吸収が遅れるのだ。

記事の全文を見る⇒(ヘルスプレス)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事