ダイエット中でも食べていいパン

少し工夫すればパン食だって、ヘルシーに!ダイエット中の主食にはご飯がオススメですが、パンの選び方や一緒に食べるおかずや具材の組み合わせ次第ではダイエットに向く主食にもなり得ます。最近はさまざまな種類のパンを購入できるようになってきたので、その選び方のポイントを心得ておきましょう。パンが太りやすい理由は、砂糖やバターが添加されてるからそもそも、パンもご飯も、そのメインとなる栄養素は同じ「炭水化物」ですが、どうしてご飯は太りにくくパンは太りやすいといわれているのでしょう?

それは、ご飯には砂糖が含まれていないのに対し、パンは、作られる過程で砂糖やバターが添加されているからです。その分摂取カロリーが多くなるので、頻繁に食べていると太りやすくなってしまうのです。

特に、日本で一般的に売られているパンは精製度が高い(=GI値が高い)ため血糖値が上がりやすく、つまり、食べた分が脂肪になりやすいのです。

他、パンはサイズの割にはカロリーが高いためつい食べ過ぎてしまいやすく、パン食に組み合わせるおかずが、パンと相性の良い脂っこいものになりやすい傾向があることも、パン食が太り……(中略)…… tm_from=guide" target="_blank">(文:阿部 エリナ(食事ダイエットガイド))

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事