ダイエット中はいつ食べるのが正解? 時間栄養学ダイエット

<!----> ダイエットではいつ食べるのが効果的? 時間栄養学ダイエットとは

ダイエット中、何をいつ食べるのが効果的なのでしょうか。時間栄養学ダイエットとは? 


私たちの体には「体内時計」が備わっています。これは朝になると目が覚め、日中に活動のピークを迎え、夕方以降は休息に向かって活動量が落ち、そして眠りにつくという1日の生活リズムのことです。この自然なリズムの観点から考えられたものが「時間栄養学ダイエット」です。この時間栄養学の研究により、食べる時間でダイエットしやすくなることがわかってきました。
時間栄養学ダイエットのカギを握るのは「太陽の光」と「朝食」です。まず、太陽の光を起床後に浴びることで体内時計がリセットされ、1日を活動的に過ごすことができます。また、朝食を食べることで、内臓の働きを調整する「末梢時計遺伝子」が働き始めるので1日のエネルギー代謝が活発になり、やせやすい体作りにつながるというわけです。

一方で、夜22時から午前2時までは、体に脂肪をためるように指示をする遺伝子が現れます。「夜寝る……(中略)…… 体作りにつなげていきましょう。

【関連記事】

 

記事の全文を見る⇒(All About)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事