ニラレバとレバニラは別のもの


 

Jタウンネット(東京都)が、ちょっと面白い記事を配信していた。レバーとニラ、もやしなどを炒めた、あの定番かつ人気の中華料理をどう呼ぶか──そんなテーマである。

その通称は「ニラレバ炒め」と「レバニラ炒め」の二つに分かれる。たとえば、大手中華料理チェーンの『餃子の王将』では「ニラレバ」、大阪王将では「レバニラ」であるらしい。そこで、Jタウンネットが今年の6月8日から8月28日まで読者アンケートを敢行(総得票数555票)! はたして、その結果は……?

レバニラ派 78%(433票)

ニラレバ派 22%(122票)

「レバニラ派の圧倒的勝利」ってことであっさりと決着。地域別に見ても、ニラレバ派が優勢だった都道府県は一切なかった……のだそう。

なお、元々は「ニラレバ」だったのが、漫画やアニメの『天才バカボン』の影響で「レバニラ」が一気に浸透したとの説も紹介されていた。たしかに、私がまだ小学生だったころ、バカボンのパパによる執拗なまでの“レバニラ推し”を漫画やアニメで目にするごとに「レバニラ炒めって美味しそうだなぁ………(中略)…… リタン」と「ミートソース」どっちが好きなのか……? 私がネットで知りたいのは、つまりがそういったことなんである。

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事