ネイルのプロが明かす、自爪を強く丈夫にする5つのルール

爪が薄い、欠けやすい、もろいなどの厄介なネイルの悩みを手軽に解決! 自宅で簡単にできる、自爪を強く丈夫にするケア方法をネイルのプロが伝授。(フロントロウ編集部)

1. 爪切りよりヤスリで整える

 爪を整えるときは、爪切りよりも、断然「爪やすり」を使うのがオススメ。というのも、爪切りで切ってしまうと、その衝撃で爪に小さなヒビが入り、爪が割れやすくなるからだと専門家たちはいう。

 とくに爪が弱い人は、爪やすりをバッグなどに入れて常に持ち歩きたいもの。

 スイス発のネイルブランド「マヴァラ(Mavala)」のネイルエキスパートのリン・グレイは「常に爪やすりを携帯しておけば、爪が完全に割れる前に小さなヒビをすぐ修復できるから便利よ」と米メディアWho What Wearでコメント。気になったときにすぐ手入れをするのが美爪キープのコツだとも明かした。

 また、爪が弱っているときは、なるべく爪を短くするのが鉄則。米ネイルブランド「オーピーアイ(OPI)」のエデュケーターであるベリンダ・プライスは「爪の形は、引っかかりにくいラウンド爪、もしくはオ……(中略)…… るネイルケア方法。自爪をもろいままにすると、爪が割れてケガをしたり痛みが生じたりする場合もあるので、早め早めのケアを心がけて。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事