ヒルナンデスに登場!ダイエット美魔女の秘密兵器はアンダカシー!?<PR>

ダイエット美魔女の秘密兵器はアンダカシー!?

 2020年1月21日放送の「ヒルナンデス」(日本テレビ系列)で、3人の美女の驚きのダイエット方法が公開された。中でも比嘉直子さんは、1年半で40キロのダイエットを実現。2年経った今もリバウンドはないという。

 じつは比嘉さん、昨年11月に自身のダイエット歴を綴った『マンガで卒デブ 40キロやせ ちゃんと食べて生まれ変わるダイエット』(主婦の友社)を上梓している。

 結婚と3人の子の妊娠出産を経て、最大100キロまで増えた体重からダイエットを成功させた比嘉さんの秘密は、「沖縄食」だ。
比嘉さんも活用した「アンダカシー」は、ダイエットだけでなく、髪や美肌をつくり、カラダをつくる材料となる良質なタンパク質と脂質を豊富に含む。

 「アンダカシー」は、豚の背脂や三枚肉(豚バラ)を熱してラードを取った残りからできた沖縄の伝統食品だ。炒め物やスープなどの具材として活用されてきた。こくらクリニック(沖縄県)院長の渡辺信幸医師が提唱する「MEC(肉・卵・チーズ……(中略)…… 3a4.html">

(文=編集部)

記事の全文を見る⇒(ヘルスプレス)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事