ファミリーマートにRIZAP監修スイーツが登場 糖質量にこだわり

ファミリーマートは2月27日から順次、RIZAP監修の糖質量にこだわった商品「RIZAP 濃密チーズケーキ」など4種類を、全国のファミリーマート・サークルK・サンクスで発売する(一部地域を除く)。おいしさを保ちつつ、糖質量にこだわったスイーツとなる。

2月27日に発売した「濃密チーズケーキ」(税込170円)は、オーストラリア産クリームチーズを使用した濃密な味わいのチーズケーキ。味に深みを持たせるため、卵を配合した。1個あたりの糖質は8.8g。沖縄県は3月6日に発売する。

同じく2月27日発売の「苺のクリームワッフル」(税込135円)は、しっとりとしたスフレワッフル生地に、爽やかな酸味の苺クリームをはさんだスイーツ。1個あたりの糖質は8.5g(エリスリトールを除いた糖質は6.6g)。

同日発売の「しっとり食感チョコチップスコーン」(税込170円)は、大豆粉、小麦タンパクなどを使用し、糖質をおさえた生地に、さらに低糖質に調整したチョコキューブを練り込み焼き上げたスコーン。1個あたりの糖質は28.8g(エリスリトールを除いた糖質は18.9g)。

3月6……(中略)…… 組みあわせた「抹茶のショコラプリン」(税込170円)を発売する(沖縄県を除く)。1個あたりの糖質は9.8gとなる。

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事