ファンデを塗らない方がいい場所は?シワをつくらないメイク術

ファンデーションは肌をキレイに見せるためのアイテム。けれど、そのファンデーションでシワができてしまっては意味がない。ファンデを塗らない方がいい場所と、プロがオススメのメイク法をチェック!(フロントロウ編集部)

まずは自分の表情をチェック

 トレンドのツヤ肌メイクで、まるで素肌が美しいかのように見せても、目の周りや口周りなどに不自然にシワが目立っていたら、薄づきに見せた肌も台無し。

 そうならないためにまず必要なのは、自分の顔でよく動く場所をチェックすること。人の表情のクセはそれぞれで、例えば「目尻のシワ」と言っても、笑ったときに入るシワの長さや本数はバラバラ。自分の表情ジワを知らないと、ファンデによるシワを防ぐのは難しい。

 自分の表情ジワが分かったら、プロが勧めるメイク法は、その箇所にはファンデーションを使わないこと。人気セレブのセレーナ・ゴメスなどを担当するメイクアップアーティストのメリッサ・マーディックは、「ほとんどのファンデーションはシリコンベースなの」と英メディアByrdieにコメントし、シリコンはなめらかなため、表情によって肌が動く……(中略)…… ーラー選びだけでなく、美肌をつくるために自分の肌に合ったコンシーラーを見つけてみるのは、これからの美肌メイクを変えてくれそう。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事