ヘイリー・ビーバー、ランウェイモデルに「向いていない」と引退をほのめかす

ヘイリー・ビーバーのある投稿が、ランウェイモデルからの引退を示唆していると話題になっている。(フロントロウ編集部)

ヘイリー、ランウェイモデルを引退?

 シンガーのジャスティン・ビーバーの妻であり人気モデルのヘイリー・ビーバー。5年前にモデルとしてデビューしてからというもの、ヴェルサーチェ、トミーヒルフィガー、ドルチェ&ガッバーナ、オフホワイトなど多くのランウェイに登場し、有名ブランドやデザイナーから引っ張りだこの彼女。

 そんなヘイリーが、ランウェイモデルの引退をほのめかすような投稿をして話題に。ヘイリーは自身のインスタグラムに、ザディグ エ ヴォルテールの2018秋冬コレクションでの写真を投稿し、こう書き込んでいる。

「いまわかっているのは、ランウェイを歩くときにここまで腕を高く振ってはいけないっていうこと。それが理由なわけではないけど、これはもう私に向いていない(笑)」

 ヘイリーはウォーキングしているときの自分の腕が90度まで曲がっているのを指摘し、さらには「もう自分には向いていない」と冗談交じりにランウェイモデルからの引退……(中略)…… 度のみ。過去には「仕事より家族を優先しなくてはいけない」と話しており、結婚を機にキャリアとの向き合い方に変化が現れているよう。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事