七夕の世界を映した羊羹が話題

七夕の世界を映した羊羹「天の川」について、製造する京菓匠七條甘春堂に取材した。

羊羹「天の川」を旧暦の七夕ごろまで販売

京都市東山区に本店を構える1865年創業の老舗菓子店・七條甘春堂は期間・数量限定で、七夕の世界を映した夏菓子「天の川」を販売している。

夜空を映した濃い青の琥珀羹に銀箔の星を散りばめ、揺らめく星屑をイメージした七夕の世界を描いた逸品。

琥珀羹の下は味甚羹、小倉羹の2層になっており、あっさりとした夏らしい味わいを楽しめる。

今年は6月1日から旧暦の七夕頃まで販売している(2019年は8月13日頃までを予定)。

七條甘春堂/Twitter

七條甘春堂/Twitter

宇宙を切り取ったかのような美しい羊羹に、ネット上には「芸術的」「青のグラデーションが本当に美しい」「これ食べ物なの!?」「羊羹がここまで美しくなるとは」「食べるのがもったいない」「ずっと眺めていたい」など、多くのコメントが寄せられている。

約20年前に発案、夜空の紺青を表現

この羊羹はどのように誕生したのか? 七……(中略)…… 物詩から心に閃いたものを大切に、どのようにお菓子作りに反映し、お客様に楽しんでいただけるかを考え精進しています。

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事