人気ヴィクシーモデルが「美しくあるため」にしていること

先日開催されたヴィクトリアズ・シークレットのファッションショーで、1億円超えのファンタジーブラをまとったヴィクシーエンジェルのエルザ・ホスク。11月7日に30歳を迎えたばかりの彼女が、美しさのヒケツを明かした。(フロントロウ編集部)

 スウェーデンが生んだ妖精と称され、今年のヴィクシーショーでは選ばれしモデルのみが着用できるショー最高峰のランジェリー「ファンタジーブラ」を着用するという大役に抜擢されたエルザ・ホスク。

 そんなエルザの美しさをつくるヒケツは、自分をいたわる「セルフケア」にあるという。

忙しい日常にこそセルフケアを

 日々忙しいエルザは、日常的なルーティンに追われている間でも、ありのままの自分になれる瞬間を大切にしているという。

 エルザは米メディアStylecasterに、「自分自身でいるための時間や場所を作って、自分の幸せのためにいたわるの。そうすることでストレスが解消できるし、より幸せで、より良い人間にもなれるわ。とても大事なことよ」とコメント。

 休日には、1日中「セルフケア」のために時間を使うこと……(中略)…… フルネス。人の美しさをつくるのは、やはり内面から。ゼロ円でできるセルフケアなので、1日24時間のうち5分からでも始めてみては。(フロントロウ編集部)

記事の全文を見る⇒(FRONTROW)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事