仲良しカップル関係を壊すNG行為

どんなカップルだって、良い関係でいたいと思うはず。でも相手に遠慮しすぎたり、そばにいてくれることを当然のことと思って傲慢になったりするとその関係はすぐに破綻してしまうでしょう。
仲良しカップルでいるために、特に注意しておきたい“やってはいけないこと”に注目してみました!

仲良しカップルのやってはいけないこと1: 上から目線で、相手に“教えてあげる”という態度をとる

恋人同士という親密な関係だからこそ、つい相手にかまってあげたくなるというのは自然な感情でしょう。でもそれが高じて、自分の思い通りにコントロールしようと思うのはキケンなことです。
とくに上から目線で、相手に“教えてあげる”という態度で接したり、説教しようとするような態度は相手にとって迷惑なだけだし、敬遠されてしまうだけです。恋人同士だからこそ、相手の価値観や考えをリスペクトすることが大切でしょう。

2: 相手を批判し、先入観だけで決めつける

ケンカになったからといって相手をひたすら批判したり、あるいは先入観だけで“この人はきっとこんなふうに考えているに違いない”と決め……(中略)…… を築きたいと思っているものです。お互いが少し気をつけるだけで、きっと仲良しカップルに近づいてゆけることでしょう。

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事