内臓脂肪と皮下脂肪は、減らし方も違う!

おなかまわりの脂肪を落としたいのに、今ひとつダイエットの効果が出ない……。そんなときは、自分のお肉が「内臓脂肪」か「皮下脂肪」かをチェック! じつは脂肪の種類によって、効果的なダイエット方法が変わってくるんです。管理栄養士の藤井歩さんが、ふたつの脂肪の違いや減らし方のコツをレクチャーしてくれました。

つまみにくい腹肉は「内臓脂肪」

まずは自分のおなかまわりの脂肪を、指でつまんでみてください。簡単につまめるなら、その脂肪は「皮下脂肪」。つまみにくいなら、その脂肪は「内臓脂肪」かもしれません。

内臓脂肪が指でつまめないのは、その名の通り内臓が入っている腹腔の内部につく脂肪だから。男性に多い「リンゴ型肥満」はおもに内臓脂肪によるものですが、一見やせているのに内臓脂肪の量が多い「隠れ肥満」タイプもいるといいます。

藤井さんによると、内臓脂肪が多くなると次のようなリスクがあるとのこと。

血中……(中略)…… c/article/news/20200229-186664" target="_blank">Diet Plus]

記事の全文を見る⇒(MYLOHAS)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事