初心者にお勧めのクラフトビール

小規模ビールメーカーが製造したビールを指す総称として、「地ビール」と共に目にするようになった「クラフトビール」。

ここ数年で、クラフトビールのブルワリー(醸造所)も愛飲者も一層増え、規模も様々なフェスが開催されるようになり、いよいよ日本でも定着しようとしています。

それでも、飲み会に行けば「とりあえずビール」と、なじみのビールを注文する人がまだまだ多数派と思います。

慣れた銘柄を飲み続けるのもビールの楽しみですが、クラフトビールにも目を向けてみると、別の世界が待っているかもしれません。

今回は、『今飲むべき最高のクラフトビール100』(シンコーミュージック・エンタテイメント刊)の共著者・訳者であり、国際的なビール審査会の審査員も務める長谷川小二郎さんに、クラフトビールの世界について伺いました。

多様性と地域性がクラフトビールの大きな魅力

── クラフトビールの魅力は、どんな点にあるのでしょうか?

長谷川:まず、クラフトビールという概念は、1980年代以降に米国で、大手メーカーによる画一的かつ味わいの乏しい大量生……(中略)…… 飲まない方が良い理由

ところで、ビール腹って何?ただの皮下脂肪?

Photo: 鈴木拓也

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事