印象変わる垢抜け眉作りポイント

美容ライターの遠藤幸子です。眉の描き方や整え方でまるで顔の印象が変わってきます。しかし、眉のトレンドは移り変わっていくので、イマドキ眉の正解がわからず困っている人が多いのではないでしょうか。今回は、イマドキ感のある垢抜け眉の整え方や描き方をご紹介します。

【詳細】他の記事はこちら

眉でどれくらい印象が変わると思いますか?

上の画像左は数年前の筆者で、右の画像は昨年の筆者です。

眉の描き方や整え方でまるで顔の印象が違うのがよくわかる1つの例です。右の画像の方がイマドキ感がありますよね。

今回はトレンドを取り入れた、イマドキ感のある垢抜け眉の整え方・描き方を5つのポイントに分けてご紹介します。

【垢抜け眉の作り方ポイント?】眉全体で色のトーンを合わせる

地眉に合わせて眉を描くと、顔がくすんで見えることがあります。そのため垢抜け眉を作るために、最初から明るい色のペンシルやパウダーを使って眉を描く人がいます。

これは、残念ながらNG!眉全体で色のトーンが合っておらず不自然な印象になってしまうからです。

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事