太りにくい「麺類」の食べ方とは

ダイエット中の麺メニューには要注意!ご飯に比べて、口当たりもつるっとさっぱりしていて、お腹にたまりにくいので、何となく軽食的なイメージのある麺類。でも実はダイエット中には注意が必要なメニューでもあるんです。

麺料理で気になるのは、どうしても早食いになってしまうこと。口当たりが良い分、しっかりと噛むことなく食べてしまうことです。そして、麺のある食事の場合、どんぶりでいただくので、1皿で完結してしまう気持ちになり、野菜などの副菜をとらなくなりやすい点も心配です。

ダイエットとは別の話ですが、「うどん県」として有名な香川県では、毎日のようにかけうどんや釜玉うどんをランチにする人が多いといいます。それが直接結びつくわけではありませんが、糖尿病患者数が全国ワースト1〜2位を取ることも多いというデータがあります。

実際、野菜の副菜を添えなかったり、噛まずに食べたり、おにぎりやてんぷらやいなりずしを一緒に食べたり、常に大盛りを食べたり、といったことが続くと、血糖値が急上昇し続けて体脂肪も急増するばかりでなく、糖尿病になりやすくなるのは確かです。食文化も大切なので……(中略)…… =389137&utm_from=guide" target="_blank">(文:浅尾 貴子)

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事