太りにくいカラダはどう作る?ダイエット専門ドクターに聞きました

ダイエット専門外来「渋谷DSクリニック」院長の林博之先生に、太りにくいカラダ作りのポイントについてうかがいました。

ポイント1.ダイエット食はバランスが大事

林博之先生が提唱するのは「リバウンドしない一生もののダイエット」。遺伝や体質で“太りやすい人”は確かに存在するものの、自分が持つ肥満遺伝子を検査で調べて対策を立てたり、「無理なく痩せる生活習慣」を身につけることで、太りにくいカラダになれるといいます。まずは食事の見直しから始めましょう。

一般的には成人1人あたりの栄養配分は、たんぱく質15%、脂質25%、糖質60%。しかしダイエットをする場合はたんぱく質25%、脂質15%、糖質60%くらいの配分がベスト。下記に注意して必要な栄養素を確保しつつ、総エネルギー量を抑える工夫が鍵になります。

・たんぱく質
減量するときは、たんぱく質を保持しながら余分な脂肪を減らすことが大切。ダイエット……(中略)…… https://www.mylohas.net/2018/09/175334bonicpro.html?test201808

記事の全文を見る⇒(MYLOHAS)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事