太る心配なし⁉ビールはワインに次ぐ若返りのお酒!

女性が今、最もよく飲むお酒「ビール」。1日頑張ったご褒美に1杯飲んで、思わず「あ~幸せ~!」という、ビールラバーも多いでしょう。もちろん、私もその1人です! でも、「ビールを飲むと太っちゃうかも」と思っていませんか?
 

ビールは太る!? と思い込んでいませんか?


今流行りのハイボールに使われるウイスキーや焼酎、ウォッカなどの蒸留酒は、糖質を含まないため太りにくく、ダイエット向きのお酒とされています。一方、ビールが他のお酒に比べて太るといわれるのは、「糖質」が含まれているからです。糖質は血糖値を上昇させやすいため、飲み過ぎはもちろんNGです。でも実は、ビールの糖質はそんなに気にするほどではないんですよ。
  ビールの糖質は350ml1本なら、ご飯の4分の1以下! 醸造酒のビールには糖質が含まれますが、100mlあたり3g前後です。350ml缶1本で約11g程度で、これはご飯1杯(約140g)の4分の1以下です。

緩やかな適正糖質を提唱するロカボでは、「1食あたり糖質20~40g、デザートでは糖質10g以下」と……(中略)…… 」ビールライフを楽しんでくださいね!  ■出典

記事の全文を見る⇒(All About)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事