夫を「他人だなあ」と思う瞬間

コロナ禍だから、気づけたのかも……夫婦といえどももとは他人。そしてこのコロナ禍の状況で、それをはっきり知らされたような気がするという女性は少なくない。ただ、「他人だ」と感じたからこそ、うまいくこともあるし、逆にぎくしゃくすることもあるのが「組み合わせ」の興味深いところかもしれない。 ケース1. 仕事ができない夫にがっかり……ユキノさんの場合ユキノさん(43歳)は、同い年の男性と結婚して13年。10歳のひとり娘がいる。

「本当はもうひとりほしかったんですけど、恵まれなくて。私は仕事を続けています。夫は娘にメロメロ。それなりにうまくいっている家族だと思っていました」

今は、夫婦ふたりとも在宅ワークとなっている。夫が家にいるようになってから、彼女は夫への見方が少し変わったという。

「夫とは会社も別だし、どういう仕事をしているのかも詳細はわからなかったんですが、夫のテレワークのやり方を見ていると、ああ、この人は仕事ができるタイプではないなあ、とわかってしまって。会議をしているのを小耳に挟んでも、全然、論理的な議論ができていない。ちょっとがっかりでしたね」

(文:亀山 早苗(恋愛ガイド))

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


痩せるニュースおすすめ

関連記事